001

最終更新: 8月28日

自己紹介をする時に、ここ2年ぐらい前から

「私は日系アメリカ人です」って何も恐れず言えるようになった。


アメリカで生まれ育って小中高と、高校とかは特に「アジア人なのに英語の発音が完璧ですごいね」とか「アジア人だから数学強いんだね」とちょこちょこ同級生だったり全く知らん子から声かけられたりしてた。今思い返すと本当に腹立たしいのだけど、その時は(今も大して変わらないけど)J-pop/rockしか聞かずバラエティ・ドラマを日常的に見てて、且つ日本語限定の活字中毒者だったので学校の子たちの輪に入りにくく、わりと小さい頃から「私はアメリカでは居場所がないから、自分は日系アメリカ人ってより『日本人』なんだ」と信じ込んでたから、ものすごく残念なことにその発言に納得してしまった自分がいました。今に比べてさらに単純思考だった。


アジア人が高校全体の9%しかいない(ウィキ調べ)高校を無事卒業し、大学に入るってなった時は、やっと自分の仲間に会える、日本人に会いたい!って意気揚々としてた記憶はすごくある。必死に日本語学科に交流できる場所が無いかとメールを送ったりして、その結果入学1週間目で、週一で日本人留学生と日本語を勉強してる学生たちが交流する会に参加することになった。


そこで初めて声をかけた日本人留学生の子に自己紹介をした時に、私は日本人の自分として接してもらえるんだとウキウキしながら年齢や学部について話してた。でも「出身地は?」って聞かれ「アメリカ」と答えた瞬間急に分かりやすく態度が変わり「アメリカ生まれで羨ましいな、じゃあ英語も完璧に喋れるの?」と聞き返され、態度の変化にもびっくりしたし「英語も喋れるの?」という質問にアメリカ生まれだから当たり前じゃないという違和感を感じ、そこで初めて自分は完全な日本人じゃないんだなと痛感した。


その子だけじゃなく、毎週その会に通い、良い友達がいっぱいできて自分が日系アメリカ人だと理解できた反面、何回も何回もその全く同じ質問を繰り返され、「日系アメリカ人であること自体がすごい」「日系アメリカ人だから日本語と英語が両方当たり前のように出来るんだね」とも言われた。実際は私は恵まれたことに日本語補習校に通わせてもらい、趣味が日本語中心だったからたまたま上達できたけど、それと半引き換えに英語の発音と単語が追っ付かない時期もあった。それに日系人といっても日本語が喋れない人はざらにいるし、かといってその人が自分は日系アメリカ人・日本人だ、というならそれであることには変わりはない。


極めつけは、極たまに日本人とは絡まずアメリカ人としか話さないと決心してる日本人留学生からは日系だからという理由でアメリカ人とは判断されず会話を頑なに拒まれることもあった。本当に人を人種で判断するのはやめてほしい。


今では自分の日本とアメリカの文化を両方知っている日系アメリカ人であるというアイデンティティに自信を持つことができ、自己紹介をする時に堂々と「日系アメリカ人です」と言えるようになったけど、他の人が何気なく言ったことが重ねに重なり自分に居場所があるように思えずアイデンティティが定まらなかったんだなと今だから思えます。


もしかしたら自分が日系アメリカ人だと深く自覚するに必要な体験だったのかも分からないけど、人を人種と生まれた環境だけで判断する人が減れば良いなと思います、ワンパターンな質疑応答も減るし。


_________________________________________________


Recently within these past 2 years, I’ve finally been able to introduce myself as Japanese-American without fear.


Being born and growing up in America, in school and especially during high school, I’ve been commented by classmates or random people I don’t know, “Your English pronunciation is perfect even though your Asian,” or, “Your good at math because you’re Asian.” When I think back on it, it’s super frustrating that I was told that but because my hobbies and interests were to listen to J-pop/rock, watch Japanese variety TV shows and dramas, and read Japanese books, it was always a struggle to join conversations. From not being able to fit in, I had a belief that because I don’t really have a place here, I’m more Japanese than I am Japanese-American. Therefore, little simple-minded me kind of accepted those comments and didn’t think further about it.


After graduating from this not-so-diverse high school and going on to university, I was thrilled to be able to meet Japanese people and be a part of where I belong. I frantically emailed the Japanese department to ask if they organize any social meetings, and within a week after enrolling I was able to join a weekly conversation table with Japanese exchange students and students who’re learning Japanese.


Not being able to hide my excitement, I went up and talked to a Japanese exchange student and introduced ourselves by talking about our age, degree, and whatnot. But the moment she asked where I was from and I answered America, her attitude changed rapidly and replied, “I’m so jealous you’re born in America! Does that mean you can speak English fluently?” To start with, I was shocked by the sudden attitude change and secondly the question, “You can speak English fluently?” felt off because I grew up in America. That was the moment I understood that I wasn’t a Japanese person.


I continued going to the meet up every week and I was able to make many friends and learn more about my Japanese-American side. However, being asked the same question multiple times, I was told, “It’s amazing that you’re Japanese-American,” and, ”It’s normal to be able to speak Japanese and English because you’re Japanese-American.” In reality, I was only lucky enough to be able to go to Japanese school and have a lot of Japanese-related interests that I can speak Japanese now, but at a younger age, there was a point where I had to go to ESL because my pronunciations and my English knowledge couldn’t keep up. There are many people who can’t speak Japanese with Japanese ethnicities, and it doesn’t mean that they are “less” Japanese for being so.


The most memorable moment was when there were Japanese exchange students who swore to themselves, not to hang out with Japanese people, and completely rejected talking to me because I am of Japanese ethnicity and spoke Japanese, even though I introduced myself as Japanese-American.


Recently now I am able to be proud of being Japanese-American and knowing both sides of the culture and can introduce myself as Japanese-American, but because of those small comments and words building upon each other, I couldn’t find myself a comfortable space where I could be confident of who I am.


Maybe it was a necessary process to learn about myself more, but I can’t stop but think of how nice it would’ve been if there weren’t people who judged me by my race and my background. I think I’m done answering the same question over and over again.



by Owner | 22 y/o


最新記事

すべて表示

017

このウェブサイトを見始めて、自分の体験談を思い出してみました。しかし、考えているうちに浮かんできた疑問が差別って何?です。 差別は良くないと、多くの人は言うし、それにはなんとなく賛成するつもりだけど、よくよく考えてみたらそもそも差別の定義みたいなことってあまり考えたことがないし、このブログのコンセプトも、差別について答えを出すというより、考えて関心を持つことだと言う開設者のコンセプトも踏まえて、少

016

私はいわゆる「ハーフ」だ。アメリカ人の父親に、日本人の母親がいる。アメリカで生まれ育った私は、ずっと自分のことを「日本人」だと思っていた。家では日本語を話し、母の作った和食を食べ、日本のドラマなどを見ていた。土曜日には補習校へ通い、国語と算数を日本語で勉強していた。一時帰国で母の実家に遊びに行った時も、地元の人と同じように大阪弁で話し、小学校で体験入学をしたときも普通に友達を作り、一緒に遊んでいた

015 / EN ver

Hi everyone~ It’s Lizzy again Today I’ll be sharing about the Black Lives Matter movement again I’m sure there are people thinking “Not again” and that I talked about it enough already But I don’t thi

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

© 2020 I am Stories

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now