003

最終更新: 7月23日

まず、俺は誰も責める気は無い。文句を言う気もない。世界的にこう言う状況で、俺自身の体験を知りたいというメッセージの多さ、

おんなじ境遇の人、またその両親の少しでも励みになればと思い、炎上覚悟で投稿します。

ただ自分の物凄く嫌だった過去をさらけだします。

まず最初に言いたい事が、これが差別だとかどうとかそんなのは本当にどうでもいい話。この話は俺自身の体験であって、これをみてる大半の人には当てはまらないからこういう人もいるんだな~くらいで大丈夫です。



俺が5歳くらいの頃かな。



まず保育園で思い知らされた。

醜いアヒルの子の絵本を先生が読んでた。

周りのみんなは先生が読んでる間、俺をジロジロ見ながら笑ってくる。俺はもちろんのようにうつむき耳を塞いでた。物凄く孤独だった。先生は悪気ないし、しょーがないよね。俺が周りとは違うと初めて認識させられた出来事だった。

これも、保育園の時の話。

ある日、親の似顔絵を描く時があった。

先生は言った。親の顔は肌色で塗りましょう。

でも、俺はその時の反抗心からか涙ながら、茶色のクレヨンをとり親の顔を描いた。出来上がった後はもちろん皆んなに笑われた。

なんだろう、この時は毎日が辛すぎた。

家のベランダから外を眺めながら、ここから飛び降りて生まれ変わって、普通の日本人になれるかなとか、考えてた。

今となっては、この普通とは何なんだろうと未だに考えてる。

小学生になると、近所のおじさんに勧められてなんとなく野球を始めた。

でも、やっぱり入ってすぐ心配してたことが起こった。初めてできた先輩たちは、俺の肌の色をあざ笑いながら、お前の家では虫とか食うんだろとか、ここは出せないほどの汚い言葉の数々で罵られ、殴られる。

もうこの辺で俺の中の心は無いようなものだった。

学校では、他の学校のヤンキー達が、ただ俺の肌の色だけを見て喧嘩をうってくる日々。

少年野球では、試合前の整列で相手チームから外人いるぞ、黒人だ、だの俺の心をさらに壊されていった。

高校野球あたりからは周りのOB会など外人なんて高校野球で使うんじゃ無いだの、甲子園には黒人はでるな。などの心ない言葉が沢山俺の耳に入ってくる。

正直、もう俺の人生にはつきものだから慣れたよ。

今となってはいい年して、SNSのDMでわざわざいいにくる奴もいる。

日本では珍しくて、アフリカではよくある病気を判明させるまで大変な思いをしたこともあった。



この他にも、いろいろな経験をしてきた。

本当に心が無くなる瞬間。これがもう自分が無敵になったような気がする。でも、今考えてみるとただ単に心をシャットダウンして、他人に対して何の感情も湧かなくなるだけだった。

心が無くなるのは本当に怖い。

でも、こういう経験があるからこそ、悔いないように生きようと思うし、良くも悪くも今となってはちょっとやそっとのことじゃ動じなくなった。

何より、母親とは話が合わず、唯一の心の痛みを分かち合えたのは、妹の桃仁花だった。

だからこそ妹は今でも大事な存在。


今後、自分の子供ができて同じ経験をさせないようにはどうすればいいのだろう。と考えてる人。そういう人たちの共感につながればいいな。



by Louis Okoye


有難いことに東北楽天ゴールデンイーグルスのオコエ瑠偉選手からツイート引用の許可をいただきました。

勝手ながら英語にも訳させて頂きました。オコエ選手のツイッターはこちらから


_________________________________________________

To start with, I am not trying to blame anyone. I’m not trying to complain either. Given the current situation we’re at right now, I received many messages about wanting to know about my background story. Some people may not like it, but I hope that it can be encouraging to people who’s experienced something similar, or for their parents.

I will be exposing my past that I disliked very much.

Before going further, I want to keep clear that it doesn’t matter if this is discrimination or not. This story is from my own experience and since it doesn’t apply to most people, please don’t think too hard about it.

It was when I was around 5 years old.

It happened in preschool.

The teacher was reading the storybook, The Ugly Duckling.

Everyone around me kept on staring and giggling at me while the teacher was reading. I covered my ears and had my eyes down. I felt extremely lonely. It wasn’t the teacher’s fault, nothing could’ve been done. That was the first time I noticed that I was different from everyone else.

This was also when I was in preschool.

One day, there was a time we drew our parent’s portrait.

“Color the face in light beige,” said the teacher.

I don’t know if it was because I was trying to resist it, but tearing up I took a brown crayon and colored my parent’s face with it. As expected, everyone laughed at me seeing what was drawn.

In those days, every day was painful.

Gazing out from my house’s balcony, I pondered if I jump off here I would be able to be reborn as a normal Japanese person.

I still think about what defines normal even to this day.

When I entered elementary school, I started playing baseball from a neighbor’s recommendation.

But soon enough, the thing I was worried about happened. It was my first time having upper class-men. They sneered and made fun of my skin tone, ridiculed me by throwing dirty words and saying things like, “You eat insects at your house, right?”, and beat me.

At this point, it felt like my heart didn’t exist anymore.

At school, most days delinquents from other schools would come to pick up a fight with me judging me by my skin color.

In my little league baseball team, during the lineup before the match starts, I would hear, “There’s a foreigner in the other team, he’s black!” Those words continued to further break my heart.

Once I became part of the high school baseball team, I started to hear heartless words from the alumni associations criticizing that a foreigner shouldn’t be on the team, don’t let a black person play in the Koshien**.

Honestly, it’s become part of my life and I’m used to it.

Nowadays, people make sure to get those words through my DMs on social media.

I’ve had times where I struggled to prove a disease that’s common in Africa but rare in Japan.

I’ve experienced so much more.

The moment when you feel the heart disappear. It made me feel invincible, but in reality, it was just my heart shutting down and not be able to feel any emotions towards others anymore.

It’s a terrifying feeling.

But because I’ve experienced these things, it motivates me to live life without regrets and it made me stronger, whether it be for the better or the worst.

Although I couldn’t share the pain with my mother, my sister Monica understood the pain the most. My sister continues to hold a special place in my life.

I hope this story can sympathize with those who are thinking of what they can do to prevent their future children from having the same experience I had.

by Louis Okoye


Lots of appreciation to Louis Okoye from Tohoku Rakuten Golden Eagles baseball team for letting me repost his tweet. Check out his twitter!

**Koshien: An annual national high school baseball championship during the summer

最新記事

すべて表示

017

このウェブサイトを見始めて、自分の体験談を思い出してみました。しかし、考えているうちに浮かんできた疑問が差別って何?です。 差別は良くないと、多くの人は言うし、それにはなんとなく賛成するつもりだけど、よくよく考えてみたらそもそも差別の定義みたいなことってあまり考えたことがないし、このブログのコンセプトも、差別について答えを出すというより、考えて関心を持つことだと言う開設者のコンセプトも踏まえて、少

016

私はいわゆる「ハーフ」だ。アメリカ人の父親に、日本人の母親がいる。アメリカで生まれ育った私は、ずっと自分のことを「日本人」だと思っていた。家では日本語を話し、母の作った和食を食べ、日本のドラマなどを見ていた。土曜日には補習校へ通い、国語と算数を日本語で勉強していた。一時帰国で母の実家に遊びに行った時も、地元の人と同じように大阪弁で話し、小学校で体験入学をしたときも普通に友達を作り、一緒に遊んでいた

015 / EN ver

Hi everyone~ It’s Lizzy again Today I’ll be sharing about the Black Lives Matter movement again I’m sure there are people thinking “Not again” and that I talked about it enough already But I don’t thi

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

© 2020 I am Stories

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now