008

生まれ持った、とは少し違うかもしれませんが。


スポーツが得意な人だったり、絵が得意な人がいるように、私は勉強が得意です。

さらに、親の転勤で海外に住んでいたことがあります。


バイトや就活の面接官が履歴書の「学歴」「資格」欄を見ると、私は"ハイスペック"と言われます。


ここまで話すと自慢のように聞こえるかもしれません。この時点で辛いです。


さて、私が受けてきた差別はこの学歴に関して。

・学歴が高い女性は取っつきづらいと言われた(私は女性です)

・学歴だけ知られて、話しづらい人だと思われる

・「学歴があるから、就活楽勝でしょ」と言われる(実際は死ぬほど苦労した) など。


確かに勉強ができる環境にいるのは恵まれているのかもしれません。


でもそれとは別に、私は頑張って受験を乗り越え、自分の大学が大好きです。


なのに偏見があるから大学名を隠さないといけない。


また、面接では自分自身のことを見てほしいのに、「ハイスペックの子」という枠に入れられてしまう。 ずっと生きづらさを感じています。



by ぴか

最新記事

すべて表示

017

このウェブサイトを見始めて、自分の体験談を思い出してみました。しかし、考えているうちに浮かんできた疑問が差別って何?です。 差別は良くないと、多くの人は言うし、それにはなんとなく賛成するつもりだけど、よくよく考えてみたらそもそも差別の定義みたいなことってあまり考えたことがないし、このブログのコンセプトも、差別について答えを出すというより、考えて関心を持つことだと言う開設者のコンセプトも踏まえて、少

016

私はいわゆる「ハーフ」だ。アメリカ人の父親に、日本人の母親がいる。アメリカで生まれ育った私は、ずっと自分のことを「日本人」だと思っていた。家では日本語を話し、母の作った和食を食べ、日本のドラマなどを見ていた。土曜日には補習校へ通い、国語と算数を日本語で勉強していた。一時帰国で母の実家に遊びに行った時も、地元の人と同じように大阪弁で話し、小学校で体験入学をしたときも普通に友達を作り、一緒に遊んでいた

013

1. Since I arrived old men have tried to get me to date/marry their sons and leave my degree. 2. Either, some restaurants don’t let me in or when I am in and speak in Japanese to them I’m instantly sp

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

© 2020 I am Stories

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now