009

就職活動中、様々な企業で「企業選択」についてのアドバイスを受けた。


しかしその中で、「あなたは将来結婚しますよね、そのときに結婚式場を選ぶときにもこれはつかえます。そのあと子供を生みますよね?そして幼稚園を選ぶ時も使えます。」という質問をされた。


私は結婚願望もなく、将来的に子供が欲しいとも思わない。さらに私が将来好きになる人が異性だけであるとも限らないし、わたしは誰も好きにならないかもしれない。


「女性」は「異性」と「お付き合い」して「結婚」して「出産」して「子育て」する。という流れが今でも当たり前のように存在してるという意識を早くみんな捨てて欲しい。


今はすでに克服したが、こう言った社会の現状から、自分をコンプレックスに思ったり、無理にダイエットしたり、人の目を気にして動くことができなかったり、辛い思いをした。


今もそういう人は存在していると思う。もっといい例えはこの世にいっぱいあるはずだし、面白いと思ってわざわざ恋愛に繋げてもみんながわかりやすいと感じるとも限らない。はやく恋愛とか異性愛とか結婚とか出産とかが押し付けられない社会になって欲しい。



by AM | 21 y/o

最新記事

すべて表示

017

このウェブサイトを見始めて、自分の体験談を思い出してみました。しかし、考えているうちに浮かんできた疑問が差別って何?です。 差別は良くないと、多くの人は言うし、それにはなんとなく賛成するつもりだけど、よくよく考えてみたらそもそも差別の定義みたいなことってあまり考えたことがないし、このブログのコンセプトも、差別について答えを出すというより、考えて関心を持つことだと言う開設者のコンセプトも踏まえて、少

013

1. Since I arrived old men have tried to get me to date/marry their sons and leave my degree. 2. Either, some restaurants don’t let me in or when I am in and speak in Japanese to them I’m instantly sp

012

中性的な名前をしていることで、「なんでお前が女の席に座ってるんだよ。気持ち悪い名前」と言われたり、「男・女の、・に丸したら?」と同級生からいじめと差別が入り交じった扱いを受けたことがある。 _________________________________________________ Because I have a gender-neutral name, there were times

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

© 2020 I am Stories

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now