011

私は小学生の時「ハーフ」と呼ばれることがあった。


私の母は中国人、父は日本人で私は中国と日本のハーフである

しかし、日本で生まれ日本の教育を受けている私にとって「ハーフ」と言われることは、とても居心地が悪かった。しばらくは友達からハーフなの?と聞かれても否定することもあった。個人としてではなく、ハーフのバイアスがかけられていること、他の友達と異なることがとても嫌いであった。


今は、日本で育ちながらも2つの文化を楽しめること、祖父母が日本に移り住んだことをとても誇りに思う。話を聞くかぎり、私のような年代は両親や祖父母に比べ、差別や障害は少ないと感じる。


その代わり、日本では、人種差別のニュースを見ても、どこか人ごとに感じている人が多いのではないだろうか。知らず知らずに、よそ者扱いしていないか、差別に加担していないかを認識して欲しい。国籍、人種に関わらず、個人が個人として扱われるような社会になって欲しいと思う。



by mn

最新記事

すべて表示

017

このウェブサイトを見始めて、自分の体験談を思い出してみました。しかし、考えているうちに浮かんできた疑問が差別って何?です。 差別は良くないと、多くの人は言うし、それにはなんとなく賛成するつもりだけど、よくよく考えてみたらそもそも差別の定義みたいなことってあまり考えたことがないし、このブログのコンセプトも、差別について答えを出すというより、考えて関心を持つことだと言う開設者のコンセプトも踏まえて、少

016

私はいわゆる「ハーフ」だ。アメリカ人の父親に、日本人の母親がいる。アメリカで生まれ育った私は、ずっと自分のことを「日本人」だと思っていた。家では日本語を話し、母の作った和食を食べ、日本のドラマなどを見ていた。土曜日には補習校へ通い、国語と算数を日本語で勉強していた。一時帰国で母の実家に遊びに行った時も、地元の人と同じように大阪弁で話し、小学校で体験入学をしたときも普通に友達を作り、一緒に遊んでいた

015 / EN ver

Hi everyone~ It’s Lizzy again Today I’ll be sharing about the Black Lives Matter movement again I’m sure there are people thinking “Not again” and that I talked about it enough already But I don’t thi

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

© 2020 I am Stories

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now