014

In history class, I learned about the discrimination of "Zainichi" Koreans, Koreans born and raised in Japan who cannot receive true Japanese citizenship because they don't have a Japanese parent. These people make up a good portion of Japan's non-Japanese population.


One day I was able to connect this to reality. During my time living in Japan as a foreign exchange student, I briefly left Japan on holiday. When I came back there were three lines at the Customs Inspection — Foreign Tourists, Foreign Residents/Special Permanent Residents, and Japanese People. As I lived in Japan I was in the second line. When I looked around me I started to realize that everybody around me was holding a Korean passport.


I have no way of knowing whether these were Zainichi Koreans, those born and raised in the country, or if they were like me — simply temporary foreign residents. But what struck me is that it wouldn't make a difference. Even if they were born and raised in Japan, spoke only Japanese, and had no connection to Korea they would still be not "Japanese People" according to the government, rather "Special Permanent Residents".


It may seem trivial but to me, this is very scary to imagine. In my country even if your parents are not from America, if you were born and raised in America and speak English, we would never dream of calling them a Special Permanent Resident instead of simply American.


I see YouTube videos of foreigners born in Japan, many times despite speaking Japanese fluently and being born there, they are hesitant to call themselves Japanese. The Japanese identity is complicated and has a history going back thousands of years, so I do not ask for it to change overnight, nor to project Western ideas of nationality onto an Asian country. I simply see these people who cannot fully identify with their birth nation, nor the nation of their parents, and it makes me feel sad.


_________________________________________________

歴史の授業で、親が韓国人が故に日本で生まれ育ったのに日本国籍がもらえない在日韓国人に対する差別について学んだ。日本ではかなりの割合で在日韓国人が住んでいる。


留学生として日本に住んでいて、休暇中に日本を出た時に、その現状を目の当たりにした。日本へ帰ってくる際に、税関検査を通る時に国籍やビザによって外国人旅行者・長期滞在者もしくは特別永住者・日本国籍の3列に分けられた。自分は留学生だったので、2つ目の列に並んだ。しかし、あたりを見回してみると、周りの人は全員韓国のパスポートを持っていることに気づいたのです。


もしかしたら日本で生まれ育った在日韓国人だったかもしれないし、もしかしたら自分と同じ在留外国人だったのかもしれない。そんな事より一番衝撃的だったのは、短期留学者の自分と日本で生まれ育った人たちの扱いが一緒だという事だった。日本で生まれ育って主に日本語しか喋れずあまり韓国と繋がりがなかろうと、政府からしたらその人たちは「日本人」とは見なさず、「特別永住者」に括られるのだ。


人によってはささいなことかもしれない。でも自分は想像するだけでゾッとする。アメリカでは自分の親がアメリカ人じゃなくても、アメリカで生まれ育ち英語が喋れるのなら特別永住者ではなくアメリカ人として受け入れられる。

YouTubeで日本で生まれ育ち日本語が流暢に喋れるにも関わらず、親が外国人だからと自分のことを「日本人」と呼ぶには躊躇する人たちの動画を見た。日本人のアイデンティティはとても複雑で歴史も一千年以上に及ぶ。一晩で解決するような問題ではないということは理解してるし、アジアに西洋の国籍に対する考えを丸々移したいと思ってるわけでもない。ただ、こうやって自分が生まれた国にも親が生まれ育った国にも完全に馴染めない、受け入れてもらえない人を見るとどうしよもなく悲しくなる。



by Ben

最新記事

すべて表示

017

このウェブサイトを見始めて、自分の体験談を思い出してみました。しかし、考えているうちに浮かんできた疑問が差別って何?です。 差別は良くないと、多くの人は言うし、それにはなんとなく賛成するつもりだけど、よくよく考えてみたらそもそも差別の定義みたいなことってあまり考えたことがないし、このブログのコンセプトも、差別について答えを出すというより、考えて関心を持つことだと言う開設者のコンセプトも踏まえて、少

016

私はいわゆる「ハーフ」だ。アメリカ人の父親に、日本人の母親がいる。アメリカで生まれ育った私は、ずっと自分のことを「日本人」だと思っていた。家では日本語を話し、母の作った和食を食べ、日本のドラマなどを見ていた。土曜日には補習校へ通い、国語と算数を日本語で勉強していた。一時帰国で母の実家に遊びに行った時も、地元の人と同じように大阪弁で話し、小学校で体験入学をしたときも普通に友達を作り、一緒に遊んでいた

015 / EN ver

Hi everyone~ It’s Lizzy again Today I’ll be sharing about the Black Lives Matter movement again I’m sure there are people thinking “Not again” and that I talked about it enough already But I don’t thi

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

© 2020 I am Stories

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now